株式会社カナエは、包装材料・包装加工・包装機械をトータルにご提案いたします

会社情報

沿革

昭和31年 株式会社カナエ創立
資本金80万円
大阪市南区順慶町にて発足
昭和33年 大阪市旭区に旭工場を新設
本社を大阪市東区徳井町に移転
昭和35年 増資 新資本金 200万円
昭和36年 増資 新資本金 500万円
昭和37年 増資 新資本金 1,250万円
昭和38年 大宮工場を新設
生産加工能力を増強
昭和39年 医薬品製造業許可を取得
大宮工場にストリップ包装機を設置し医薬品包装の受託態勢を整備
昭和40年 増資 新資本金 3,500万円
東京営業所開設
大宮工場増築
包装機各種増設
昭和41年 PTP包装機導入(イタリア製、西ドイツ製及び国産)
コントラクト・パッケージング事業にも進出
昭和42年 名古屋営業所開設
昭和44年 イタリア企業との合弁による坐剤用コンテナーの製造を目的とする
日伊包装株式会社設立に資本参加
製品販売権を取得
PTP包装の需要旺盛に応え新鋭全自動包装機を増設
本社を大阪市東区徳井町から大阪市旭区高殿4丁目に移転
昭和45年 増資 新資本金 4,900万円
本社工場を建設
大宮工場の増築
医薬部外品製造業許可を取得
株式会社三和に資本参加し産業廃棄物処理業の許可を取得
昭和47年 化粧品製造業許可を取得
化粧品及び食品の受託包装加工に進出
液体充填包装機導入
昭和48年 大阪中小企業投資育成株式会社の資本参加により増資
新資本金 8,000万円
10月に無償増資により新資本金 9,200万円
ミツノリ興機株式会社設立
各種包装機の製造
昭和49年 京都営業所開設
昭和50年 動物用医薬品製造業許可を取得
動物用医薬品の製造開始
食品製造業許可を取得
高殿工場建設
(第一期工事完成)
昭和52年 大宮工場を増改築しGMP適合工場を完成
京都生産開発科学研究所と顧問契約
増資 新資本金 1億5,000万円
昭和53年 高殿工場の第二期増設完成
昭和54年 カナエ紙工株式会社(愛媛県、特殊紙関連加工会社)に資本参加
昭和55年 株式会社東陽機械製作所との合弁による東陽カナエ株式会社を設立
(名古屋市、包装加工会社)
昭和56年 東京営業所を東京営業部に昇格
大阪市城東区にカナエ流通センターを新設し物流を合理化
本社及び本社工場増改築
昭和57年 増資 新資本金 1億8,000万円
香川県観音寺市に株式会社カナエ香川を開設、不織布ウェット・ワイプ関連製品の加工に進出
昭和59年 愛媛県川之江市(現:四国中央市)に愛媛工場を開設、医薬部外品の加工に進出
昭和62年 大阪市都島区に高倉工場を新設する
医療用具製造業許可を取得
医療用具の製造開始
平成元年 東京営業部を東京支店に改組
平成4年 枚方市に枚方工場を新設
平成5年 増資 新資本金 2億1,000万円
平成6年 大宮工場増改築
平成7年 高倉工場を化粧品、医薬部外品専用工場に改装
平成9年 大宮工場を改正GMP工場に改装し医薬品専用工場とする
平成10年 ミツノリ興機株式会社を吸収してカナエエンジニアリング株式会社を設立
平成12年 株式会社カナエ香川が株式会社フクヨー香川工場を吸収し、株式会社カナエテクノスに名称変更
増資 新資本金 3億5,381万4,600円
栃木県真岡市に医薬品専門工場として栃木工場を新設
平成14年 栃木工場/東京支店 ISO14001認証取得
株式会社カナエテクノスを100%出資の完全子会社とする
平成15年 本社地区 ISO14001認証取得  
平成16年 本社地区・関東地区を統合し、ISO14001認証取得
栃木工場に自動式ラック倉庫を新設
東京支店を日本橋茅場町から八丁堀へ移転
京都営業所を閉鎖し、本社営業部に吸収
富山営業所開設
平成17年 株式会社カナエテクノスの新工場完成
株式会社カナエテクノス本社事務所を新工場へ移転
平成18年 枚方工場閉鎖
株式会社カナエシーエスパックを設立
平成20年 神戸ポートアイランドに神戸工場・包装技術開発研究所を開設
高倉工場を閉鎖し、神戸工場に移転
平成21年 神戸工場  ISO14001認証取得
栃木工場に厚生棟を新設
平成22年 大宮工場を閉鎖し、神戸工場に移転
平成23年 本社を大阪市旭区から大阪市中央区のクリスタルタワーに移転
平成24年 カナエの理念を1冊の冊子にまとめた鼎心(ていしん)を発行
平成26年 株式会社カナエテクノスの本社第二工場完成
平成27年 愛媛第一工場完成
株式会社カナエシーエスパック 本社・工場を移転
平成28年 東京支店移転
平成29年 愛媛第一工場  ISO14001認証取得  



▲PAGE TOP